新着情報 各種募集 ブログパーツUL5

歴史ある白老八幡神社

白老八幡神社は、今からおよそ350年前に「弁財天」を奉ったのが始まりで、現在は白老郡の総鎮守となり、 毎年多くの参拝客で賑わっています。

白老八幡神社にはロシア帝国との交流を示す「エカテリーナの絵馬」があり、現在は白老町の文化財に指定されています。
その他にも数多くの歴史的資料が保管され、当神社の伝統と歴史を物語っております。 ≫歴史的貴重品ページ

また、境内には北海道庁の銘木に指定された「誉の松」(イチイ、樹齢およそ800年)が清陰を保っております。 ≫白老八幡神社のご案内ページ

9月に斎行される白老八幡神社例大祭では、毎年全道から50チーム・2500人による「YOSAKOIソーラン踊り」が開催され、 札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」に次ぐ祭典となっております。 ≫白老八幡神社例大祭のお知らせ

白老八幡神社 桜と社殿
恋愛成就・恋が叶うハートマーク探し

▲ 上へもどる